建設・土木工事の現場用品・資材を格安・即納・小ロットでお届けするネットストア
ホーム > 建設・施工資材 > 廃材・有害物質処理 > アスベスト除去用品

アスベスト除去用品

商品一覧

アスベスト除去用品について

アスベストとは

アスベスト・石綿(いしわた、せきめん)は繊維状の鉱物です。 アスベストは耐熱性、耐薬品性、絶縁性等に優れ、安価な工業材料であることから建設作業時に建物に吹き付けを行うなどの用途で用いられてきました。 しかし、アスベストの生産作業、吹き付け工事に従事していた方の健康被害が問題となりました。アスベストは肺がん、中皮腫などのリスクを増すとされています。これに伴い、日本ではアスベストを用いた製品や建物が新しく作られることはほとんどなくなりました。
健康被害が問題となった2005年以前に建てられた建物の中には現在もアスベストを含んでいるものがあります。吹き付け工事が完了した状態では、アスベストは空気中に飛散しないと言われているため、危険性がないとされています。 解体工事時には、使用されたアスベストが周囲に飛散するのを防ぐため、 また、作業者が吸引せず、作業場から外に漏らさないようにするために様々な処置が施されます。

アスベストにはどのような危険性がありますか?

アスベストの繊維は、極めて細く、浮遊しやすく、吸入されやすい特徴があります。
アスベスト材そのものに毒性はありませんが、飛散したアスベスト繊維を吸入すると繊維は肺の中に残り、肺がんや中皮腫、肺の慢性線維症などの原因にもなります。
また、建材にアスベストを使用しているビル等の解体(改修)や吹付けアスベストの経年劣化などにより、アスベスト粉じんの飛散が心配されています。

建物を壊すときにはどうしたら良いのですか?

建築物又は工作物の解体等の作業を行う時は、あらかじめアスベスト(石綿)使用の有無を目視、設計図等により調査する必要があります。アスベスト(石綿)が使用されている建築物又は工作物の解体等の作業を行うときは、大気汚染防止法に基づき、アスベスト(石綿)の除去等に係る一連の作業を開始する14日前までに、都道府県等に届出を行う必要があり、アスベスト飛散防止のための作業基準を遵守しなければなりません。また、労働安全衛生法、廃棄物処理法等の遵守も必要です。

  • 設置時の写真
  • 使用事例2

カテゴリー




s s s